mocharina*布あそび

3匹のモルモットと趣味のテニス、大好きなキルトや小物作りのあれこれを綴ったブログです。

刺し子の花ふきん・布の縫い代の始末の仕方

こんにちは、mocharinaです。

 

今回は刺し子の花ふきんの「布の縫い代の始末の仕方」3通りの方法と、「刺し子の花ふきん」の紹介です。

 

刺し子の花ふきんは下書きの線に沿って縫うだけで、とても簡単に可愛くできます。

でもいざはじめようとすると、縫い代の始末をどうやってするのかわからないですよね?

 

刺し子の縫い代の始末の仕方は3通りあります。

簡単にできる方法を紹介しますので、是非ご覧くださいね!

 

刺し子は藍色に白い糸を刺すイメージを持たれる方も多いと思います。今はカラフルな刺し子糸や図案もたくさん出ていて、選ぶのがとても楽しみですよ。

 

刺し子は針・刺し子糸・布とハサミがあると簡単にはじめられます。

リーズナブルに始められるのも魅力の1つではないでしょうか。

 

下処理が終わればチクチク縫っていくだけで、可愛い模様ができてとても楽しいです。

さあ、一緒に刺し子をはじめましょう~♡

 

f:id:mocharina09:20180702234602j:image

 

 

布の縫い代の始末の仕方

 

花ふきんを作る際に、まず「布の縫い代の始末」をします。

3通りの方法がありますので紹介しますね(*^▽^*)

 

1. 折り代を差し込む方法

 

1.花ふきんの縫い代の周囲を縫い代を折り込む(1.2〜1.5cm)。余分はカットしておく。

 

f:id:mocharina09:20181220174702j:image

 

2.角に折りしろ同士を入れ込む。

 

f:id:mocharina09:20181220175042j:image

⬇︎

f:id:mocharina09:20181220175137j:image

⬇︎

f:id:mocharina09:20181220175214j:image

 

3.刺し子糸で周囲の四角い枠線を、印刷に沿って縫う。
(刺しはじめと終わりを3目返し縫いする)

 

 f:id:mocharina09:20180702184115j:image 

 

<メリット>

縫い代を折り込んだ状態で枠線を縫うので、しつけなどの下処理もなく楽。

 

<デメリット>

枠線に刺し子糸を刺すときは、生地が4枚重ねになるので刺しにくい。

 

※刺し子糸は刺しはじめと終わりを3目返し縫いする。

 

2. 中表に縫い合わせる方法

 

1.花ふきんを中表に合わせて、返し口を残して周囲を縫う。手縫いでもミシンを使ってもよい。

 

2.縫い代を1cmに切りそろえて表に返し、返し口をかがり閉じる。(角は切り落としておく)

 

Point 

枠線を刺し子糸で縫う時に縫いにくくなるので、縫い代が枠線にかからないようにしましょう。

 

f:id:mocharina09:20181220193623j:image
 

<メリット>

刺し子糸を刺す時にとても楽です。

 

<デメリット>

下処理に少し手間がかかります。

 

※刺し子糸は刺しはじめと終わりを3目返し縫いする。

 

3. 枠線の外側で糸を処理・最後にかがり閉じる方法

 

先に刺し子糸で図柄を全部縫ってから、最後に花ふきんの周囲をかがり閉じる方法です。

 

1.花ふきんの表と裏の周囲を折り込んで、しつけ糸でしつけをする。

 

2.刺し子糸で図柄を刺し進める。

2筋縫って、2本の糸を結び余分な糸を切る。

(結えなくても玉止めでもOK。)

 

f:id:mocharina09:20180703000456j:image

 

(布の水色の点は、水で消せるチャコペンを使用しました)

 

3.図案を全部刺し終わってから、花ふきんの周りを糸でかがり閉じる。

 

<メリット>

枠線の外側で布と布のあいだで糸を処理するため、返し縫いの跡が表裏面に響かずキレイに仕上がります。

 

<デメリット>

しつけをしたり、最後に周囲をかがり閉じるので時間と手間がかかります。

幾何学模様のような連続模様でない場合は、不向きです。

 

刺し子の花ふきんの紹介

 

「刺し子の花ふきん」の3作品を紹介しますね。

 

七宝つなぎ

 

初心者向けの図柄で、斜め一直線に蛇行しながら刺し進めていきます。

ピンクと黄緑の刺し子糸を使いました。

 

「布の縫い代の始末の仕方1」の折り代を差し込む方法で処理しました。

 

f:id:mocharina09:20180702185139j:image

 

【ホビーラホビーレ】刺し子・七宝つなぎ【刺し子布】

【ホビーラホビーレ】刺し子・七宝つなぎ【刺し子布】

   

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<濃ピンク> 

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<ライトグリーン>

 

麻の葉 II

 

縦、横、斜めにまっすぐ刺し進めていきます。

中心の重なりが多いので、少し難しかったです。

ライトグリーンとブルーの刺し子糸を使いました。

 

「布の縫い代の始末の仕方 2」の中表に縫い合わせる方法で処理しました。

 

f:id:mocharina09:20180702185159j:image

 

【ホビーラホビーレ】刺し子布・麻の葉 2

【ホビーラホビーレ】刺し子布・麻の葉 2

  

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<ライトグリーン>

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<濃ブルー>

 

変わり七宝

 

斜めに蛇行しながら刺し進めていきます。

交差させる赤い糸を布と布の真ん中に通していきますが、少し慣れてくれば大丈夫です。

赤と黄色い刺し子糸で刺しました。

 

「布の縫い代の始末の仕方 2」の中表に縫い合わせる方法で処理しました。

 

f:id:mocharina09:20180702185205j:image

 

【ホビーラホビーレ】ステッチクロス・変わり七宝

【ホビーラホビーレ】ステッチクロス・変わり七宝

 

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<カラシ>

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<アカ>

 

f:id:mocharina09:20180702191250j:image

 

返し縫いをするのでウラ側の縫い目は太くなってしまいます。

それにこだわらなければ「布の縫い代の始末の仕方 2」が、1番気軽に出来ます。

 

まとめ

 

下処理が済んだ刺し子の花ふきんは、針・刺し子糸・布そしてハサミがあれば気軽にはじめられます。

 

布の縫い代の始末の仕方、3通りをご紹介しました。それぞれにメリットやデメリットがありますが、モカリーナは1番手軽にできる「布の縫い代の始末の仕方 2」の方法をよく使っています。

 

刺し子はとてもリーズナブルで気軽にはじめられます。手が空いた少しの時間を使って刺し進めてはいかがでしょうか。

 

同じ図案でも刺し子糸の色使いによって、違った雰囲気になり、とても可愛らしくできます。

刺し進めていく中で、柄が幾通りにも変化して夢中になりますよ(*´꒳`*)

 

刺し子の花ふきんをぜひ、楽しんで作ってくださいね♡

 

www.mocharina.com

 

www.mocharina.com

 

 

最後までお読みいただき、 ありがとうございました。

 

モカリーナより♡