mocharina*布あそび

3匹のモルモットと趣味のテニス、大好きなキルトや小物作りのあれこれを綴ったブログです。

刺し子の花ふきん・布の縫い代の始末の仕方

こんにちは、mocharinaです。

 

きょうは刺し子の「布の縫い代の始末の仕方」についてお話ししますね。

 

4作品完成した「刺し子の花ふきん」。

その内の3作品の紹介です。

 

f:id:mocharina09:20180702234602j:image

 

定番の刺し子は藍色に白い糸を刺していましたが、

今はカラフルな糸もたくさん出ていて、選ぶのがとても楽しみです。

 

 

布の縫い代の始末

花ふきんを作る際に、まず「布の縫い代の始末」をします。

「ホビーラホビーレ」の2つの方法と、もう1つの方法を紹介しますね。

 

  1. 布の周囲を織り込みながら(12~15mm)、形を整える。  刺し子糸で周囲の四角い枠を、印刷線に沿って縫う。  折り込んだまま縫うので、下処理もなく楽。周囲に糸を刺すときは、生地が4枚重ねになるので刺しにくい。                    f:id:mocharina09:20180702184115j:image              
  2. 中表に返して、返し口を残して周囲を縫う。縫い代を1cmにきりそろえ、表口に返して返し口を閉じる。 →下処理にひと手間かかるが、糸を刺すときはとても楽。                                                       
  3. 表ウラの周囲を織り込んでしつけをする。図柄を縫い終わってから、周りをかがる。 →とても手間がかかる。ウラ側はキレイ。

 

※ 1と2は、刺しはじめと終わりを3目返し縫いし、余分な糸を切ります。

※ 3は返し縫いをせず、四角い枠線の外側で糸を処理します。返し縫いの跡が残らず、ウラ面もキレイ。

f:id:mocharina09:20180703000456j:image

2筋縫って、2本の糸を結んで余分な糸を切ります。

玉止めでもOK。

(布の水色の点は、水で消せるチャコペンを使用)

 

 

刺し子の花ふきん

では以前作った「刺し子の花ふきん」の3作品を、紹介しますね。

 

「七宝つなぎ」

チェリーピンクと黄緑の糸で刺しました。

f:id:mocharina09:20180702185139j:image

初心者向けの図柄です。

「布の縫い代の始末 1」でしました。

 

【ホビーラホビーレ】刺し子・七宝つなぎ【刺し子布】

【ホビーラホビーレ】刺し子・七宝つなぎ【刺し子布】

  

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<ぼかし糸ピンク>

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<ライトグリーン>

 

(参考までに)

  

「麻の葉」II

濃いブルーと黄緑の糸で刺しました。

f:id:mocharina09:20180702185159j:image

中心の重なりが多くて、少し手間取りました。

「布縫い代の始末 1」でしました。

 

【ホビーラホビーレ】刺し子布・麻の葉 2

【ホビーラホビーレ】刺し子布・麻の葉 2

  

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<ライトグリーン>

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<濃ブルー>

 

 (参考までに)

 

「変わり七宝」

アカと黄色い糸で刺しました。

f:id:mocharina09:20180702185205j:image

赤い糸を布の真ん中に通していく作業があります。少し慣れてくれば大丈夫!

「布の縫い代の始末 2」でしました。

【ホビーラホビーレ】ステッチクロス・変わり七宝

【ホビーラホビーレ】ステッチクロス・変わり七宝

 

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<カラシ>

【ホビーラホビーレ】刺し子糸<アカ>

 

(参考までに)

 

f:id:mocharina09:20180702191250j:image

返し縫いをするとウラ側の縫い目は太くなってしまいます。

 

 

ウラ面の模様にこだわらなければ「布の縫い代の始末 2」が、1番気軽に出来ると思います。

 

手間はかかりますが、安価で簡単にはじめられる刺し子。一緒にはじめませんか?