mocharina*布あそび

3匹のモルモットと趣味のテニス、大好きなキルトや小物作りのあれこれを綴ったブログです。

赤い花の椿の巾着袋の作成・「茶花の女王」椿の花言葉

こんにちは、モカリーナです。

 

お散歩をしていると、たびたび真っ赤な花の椿に出会いました。

すい寄せられるように近づいてみると、花びらは満開を過ぎて散りはじめていました。

 

モカリーナの記事でも何回か取り上げた椿の花、きょうは巾着袋を作りました。

 

大きな花びらをモチーフにした椿。

巾着部分はとても容量が少なく、少しぜいたくな巾着袋です。

 

サイズ:お花の直径 12cm   巾着部分 4.5cm

              葉を含めた長さ 15cm

f:id:mocharina09:20190121130124j:image

 

 

「茶花の女王」椿の花・花言葉

 

「茶花の女王」椿の花

 

椿は日本を代表する花木で、海外でも近年非常に人気の高い木です。

 

常緑高木で照葉を一年中楽しめるほか、、昔から盛んに園芸品種の作出が行われ、花色、花形、葉の形など多様な品種が栽培されています。

 

f:id:mocharina09:20190121134616j:image

特に花の少ない冬に見事な美しい花を咲かせることから、昔から茶花の中でも格の高い花で「茶花の女王」とも称されます。 

 

椿の花言葉

 

「椿」の花言葉は「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」

 

赤い花「控えめな素晴らしさ」「謙虚な美徳」

白い花「完全なる美しさ」「至上の愛らしさ」

ピンクの花「控えめな美」「控えめな愛」

 

www.mocharina.com

 

 赤い花の椿の巾着袋の作成

 

 

ちりめん細工の本を見ながら作りました。

ちりめん布は使用せず、綿生地で作成しました。

 

ちりめんで作るお細工巾着 (レディブティックシリーズno.4725)

ちりめんで作るお細工巾着 (レディブティックシリーズno.4725)

 

 

 

椿の本体作り

 

花びら・ガク・葉のパーツを作成。

ヒモを通す口べりも下準備する。

f:id:mocharina09:20190121135451j:image

 

ガクに花びらの小を縫い付ける。

f:id:mocharina09:20190121135723j:image

 

更に大を縫い付ける。

f:id:mocharina09:20190121135844j:image

 

そして葉も縫い付ける。

f:id:mocharina09:20190121135925j:image

 

ヒモを通す口べりを付ける。

f:id:mocharina09:20190121135951j:image

 

巾着袋にひもを付ける

 

ひもを通し、ひも飾りを縫い付ける。

ひも飾りは丸い布を縫い絞り、綿を詰めたもの。

f:id:mocharina09:20190121140012j:image

 

完成です。

f:id:mocharina09:20190121140129j:image

 

巾着袋の袋部分

 

巾着袋のガクの部分が袋になっており、直径は4.5cm。

本によると、もともとは琴爪を入れるものとありました。

 

何を入れましょうか?

大きさが分かるように、ドングリを入れてみました。

f:id:mocharina09:20190121140720j:image

 

 

今回は本に従って作りました。

基本通りに作ると、先日苦戦したひも通しも数分で完了しました。

やっぱり基本は大切ですね(*´꒳`*)

 

アレンジしたのは、ちりめんを綿生地にしたこと。

パーツ作りの際にミシンを使ったことです。

 

ヒモの太さは1.5mmが手に入らなかったため、1mmを使用しました。

グラデーションの入った草色のキレイな飾り紐です。

 

ちりめんで作成すると、もっと光沢のあるふっくらした質感の作品になると思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡

 

minne.com