mocharina*布あそび

3匹のモルモットと趣味のテニス、大好きなキルトや小物作りのあれこれを綴ったブログです。

【節分】豆まきのルールと柊鰯・羊毛フェルトの升入りの豆と柊鰯作り

 こんにちは、モカリーナです。

 

明日は節分の日ですね。

節分の日の「豆まき」は有名ですが、

門口や玄関に挿す「柊鰯」はご存知ですか?

 

きょうは「節分の豆」と「柊鰯」をテーマにして、作品を羊毛フェルトやフェルトで作りました。

 

明日の節分の日を、小鬼ちゃん達も楽しみにしていますよ〜(*´꒳`*)

f:id:mocharina09:20190201090249j:image

 

今週のお題「わたしの節分」ということで、

モカリーナのハンドメイドの節分をお届けします。 

 

 

節分の豆まき

 

豆まきには、必ず「炒った」豆を使いましょう。

「魔目(豆・まめ)」を炒る(射る)ことは、鬼退治につながります。

 

節分の豆とは

 

豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。

豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもある。

(Wikipediaより 引用)

 

豆まきのルール

  • 豆まきの前には、炒った豆を神棚や高いところにお供えし、神様のお力をいただきます。

 

  • 豆まきは「夜」に行う。鬼は暗くなってからやって来ます。

 

  • 豆をまくのは「一家の長」。年女・年男・厄年の人のこともある。

 

  • 豆をまくときには「鬼は外、福は内!」と掛け声をかける。地域や神社によってやり方が異なります。

 

  • 豆まきが終わったら、自分の年より1つ多く豆を食べる。体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあります。

 

羊毛フェルトの「節分の豆」作り

 

升を作る。

黒いフェルトに赤文字で「福」と入れました。

f:id:mocharina09:20190131181815j:image

 

羊毛フェルトのベージュで大豆を作る。

f:id:mocharina09:20190131182118j:image

 

縫いながら升に組み立てる。

f:id:mocharina09:20190131182209j:image

サイズ:2cm × 2cm

 

柊鰯

 

柊鰯は魔除けとして飾られました。

昔から「臭いもの」や「尖ったもの」には魔除けの効果があるとして、 祭事などによく用いられる風習がありました。

 

柊鰯とは

 

柊鰯(ひいらぎいわし)は、節分に魔除けとして使われる、柊の小枝と焼いた鰯の頭、あるいはそれを門口に挿したもの。

西日本では、やいかがし(焼嗅)、やっかがし、やいくさし、やきさし、ともいう。

柊の葉の棘が鬼の目を刺すので門口から鬼が入れず、また塩鰯を焼く臭気と煙で鬼が近寄らないと言う。

(逆に、鰯の臭いで鬼を誘い、柊の葉の棘が鬼の目をさすとも説明される)。日本各地に広く見られる。

(Wikipediaより 引用)

 

フェルトの柊鰯作り

 

グレーのフェルトで切った鰯の頭に刺しゅうをする。

フェルトの緑で柊の葉の形を切り、刺しゅうをする。

f:id:mocharina09:20190131183908j:image

 

鰯の頭に爪楊枝をボンドでつけ、頭の周囲を縫う。

柊の葉を爪楊枝にボンドで付ける。

f:id:mocharina09:20190131183852j:image

サイズ:3.5cm × 1~1.5cm

  

豆・鰯・巻き寿司を準備して、明日の豆まきに備えましょう〜(*´꒳`*)!

 

 

赤鬼ちゃんの羊毛フェルト作りはこちらをどうぞ ↓ 

www.mocharina.com

 

黒鬼ちゃんの羊毛フェルト作りはこちらをどうぞ ↓ 

www.mocharina.com

 

羊毛フェルトに興味のある方は、スターターセットをどうぞ ↓ 

  

  

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡

 

minne.com