mocharina*布あそび

3匹のモルモットと趣味のテニス、大好きなキルトや小物作りのあれこれを綴ったブログです。

ちりめん細工「花」の作り方・京ちりめん吉祥つるし飾り①

こんにちは、モカリーナです。

 

楽しみにしていた、京ちりめん吉祥つるし飾りのキット。

今回から何回かに分けて、ちりめんの飾り作りをお届けしようと思っています。

 

色鮮やかなちりめん細工は、見ているだけで幸せな気分になります。

可愛らしい飾りの付いたつるし飾りを、モカリーナはいつか作ってみたいと思っていました。

 

多目的強力ボンド、両面テープがたっぷりいるようなので材料を揃えてからの〜、スタートです!

 

サイズ:直径約18mm

f:id:mocharina09:20190207150036j:image

 

 

つるし飾り

 

吊るし飾り(つるしかざり)は伝統工芸の一種。

雛祭りの際に、糸の先に布製の人形などを吊るしてひな人形とともに飾る。

インテリアとして、折り紙やビーズを糸の先につけて飾った物を吊るし飾りと呼ぶ場合もある。

福岡県柳川市のさげもん・静岡県東伊豆町稲取地区の雛のつるし飾り・山形県酒田市の傘福を称して日本三大手芸とすることがある。

(Wikipedia より 引用)

 

京ちりめん「吉祥つるし飾り」のキット

 

我が子の健やかなる成長を願い、飾られた“つるし飾り”。

現在まで長く受け継がれてきた、可愛い守り神のモチーフのひとつひとつに意味があり、優しく深い想いが込められています。

 

f:id:mocharina09:20190208084052j:image

 

キット内容

 

  • ちりめん  (柄ピンク・柄紫・赤・白・黄・ピンク・水色・クリーム・緑)
  • ボール紙
  • 赤紐・金紐
  • 金ビーズ・赤ビーズ
  • 金ボール紙「千万両」
  • 紙包

 

用意するもの

 

  • 両面テープ・ボンド
  • 綿
  • ハサミ・物差し・目打ち・赤と黒ペン・糸・針・てまり用針
  • 釣り台 高さ50cm

 

  

ちりめん「花」の作り方

 

今回は5色のうちの、赤・黄・ピンクを作りました。

f:id:mocharina09:20190208103157j:image

 

<材料>

  • ちりめん  4cmの丸型
  • 絹糸
  • 綿

 

<作り方>

 

無地のちりめんは裏表がありません。

 

1️⃣丸型のちりめんの周囲の3mm内側をぐし縫いする。

f:id:mocharina09:20190207150110j:image

 

2️⃣綿を入れて縫い絞る。

f:id:mocharina09:20190207150257j:image

 

3️⃣切り口を内側に入れ込む。

f:id:mocharina09:20190207150311j:image

 

4️⃣同じ糸で、表側の中心から裏側に向けて針を貫通させる。1回ごとに引き絞る。

f:id:mocharina09:20190207150337j:image

 

5️⃣これを等間隔に5回くり返す。

裏で玉どめして、完成!

f:id:mocharina09:20190207150407j:image

 

20mmの花を作るはずが、キュッキュッと締めすぎて18mmになってしまいました。

 

ちりめん生地と絹糸について

 

「花」はやり直しながら、何個も作りました。

 

このキットには特にかいてありませんが、

ちりめん細工の本には、薄い接着芯を貼るとかいてあります。

 

何故接着芯を貼った方がいいのか、

何故絹糸を使うのかがわかりました。

 

ちりめん生地について

 

梅の花を作るにあたって、円形のちりめんに綿を詰めて引き絞ります。

要領を得るまで、引き絞るのが難しくやり直すのですが、やり直したちりめんは…

 

f:id:mocharina09:20190207150502j:image

周りがボロボロになります。

特に横筋の辺りがひどくボロボロになります。

やり直しは2回までと決めてしました。

 

絹糸について

 

ちりめんは目が見た目よりも粗いです。

玉止めを大きく作るか、返し縫いするなどほつれない工夫が必要です。

 

絹糸は少しツルツルしていて縫いにくく、

パッチワーク用の糸で縫ってみました。

出来上がりを比べると、絹糸の方が光沢感がありキレイです。

 

f:id:mocharina09:20190207150534j:image

少しお高い絹糸を使う理由がわかりました。

 

梅の花を作るコツ

 

絹糸がやりにくく糸の種類を変えてみて作りましたが、結論は絹糸で作るのがベスト。

何個も作って少しコツが掴めてきました。

 

  • 中に詰める綿はパンパンよりも若干少な目。多すぎても少なすぎてもキレイな花型にならない。(作り方2️⃣)

 

  • 花型にするために糸を引き絞りながら作るのですが、綿があるために引いた糸が戻ってしまいます。綿をキュッと摘んだまま、次に進む。但し糸を締めすぎると小さくなります。(作り方4️⃣)

 

  • 裏側がキレイに出来ませんでした。内側に入れ込んだ切り口が次の工程で、出てきてしまいます。補修したりしましたが、最終的にボンドで毛羽立ち部分をおさえました。

f:id:mocharina09:20190207151038j:image

 

 

www.mocharina.com

 

  

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡

 

 

 

minne.com