mocharina*布あそび

3匹のモルモットと趣味のテニス、大好きなキルトや小物作りのあれこれを綴ったブログです。

サクサク編める紙テープのキット「カトラリーバスケット」①・土台作り

こんにちは、モカリーナです。

 

あみんぐテープ「カトラリーバスケット」のキット。

漆黒と白木の2色を用意して、関西に持ち帰りました。娘とサクサク〜っと作ろうと思って、楽しみにしていました。

 

このテープは全長800cm、幅28mm。

約1mm幅の紙テープが24本くっ付いて、1本のテープになっています。24本を切り分けて、16本どりや4本どりに切り分けていきます。

 

「サクサク編める」って書いてあるから、すぐに作れるって思いますよね⁈

モカリーナは1時間位でできると思っていました。…実際してみると大変でした〜(*´-`)

 

色々落ち着いてから2人で作りはじめたので、真夜中に作業が終わりました。

娘よ〜、ごめん!!

 

今回はバスケットのベースとなる土台作りまで、それでは作っていきましょう!

 

f:id:mocharina09:20190426091702j:image

 

 

紙バンドのキット・カトラリーバスケット

 

<キットの中身>

  • あみんぐテープ 800cm
  • PPバンド  (赤)
  • 説明書き

 

f:id:mocharina09:20190426091731j:image

 

<準備するもの>

  • ハサミ
  • せんたくばさみ
  • 鉛筆orシャープペンシル
  • 定規orメジャー
  • 木工用接着剤

 

f:id:mocharina09:20190426091801j:image

 

漆黒は鉛筆では印が見えません。チョコペンで対応しました。

歯ブラシも準備、何に使ったか後で説明しますね。

 

<あみんぐテープで土台作り>

 

娘は白木色を選んだので、モカリーナは漆黒で作りました。

 

下準備  紙テープを指定のサイズに切り分ける。

  • あみひも        24本どり 45cm × 14本
  • 外ふちひも    16本どり  69cm ×  1本
  • ふち補強ひも   4本どり  68cm ×  2本
  • 内ふちひも     16本どり 68cm ×  1本
  • 持ち手ひも     24本どり 25cm × 14本

 

24本どりを4本に切り込みを入れたところ。

f:id:mocharina09:20190426092019j:image

 

指定のサイズに切り分けたところ。

クルクル巻きになって、切りにくかったです(TT)


f:id:mocharina09:20190426092003j:image

 

1️⃣あみひも14本すべての中心に印をつける。


f:id:mocharina09:20190426092009j:image

 

2️⃣あみひも2本を、中心で十時に貼る。

Point マスキングテープで交差したところに印を貼っておく。


f:id:mocharina09:20190426092006j:image

 

3️⃣十字に貼ったところの周りに、3mm開けながらあみひもを交互に組み、貼っていく。

(この時2️⃣の写真にあるように、余ったテープで3本どりをとり、3mm開ける目安にするとやりやすい)

 

赤いPPバンドを使って交差しているところにボンドを塗り乾かしながら、編み進めていく。

洗濯バサミを使ったり、手で押さえたりして接着させました。


f:id:mocharina09:20190426092016j:image

 

5️⃣縦横各7本ずつ組む。
f:id:mocharina09:20190426092012j:image

 

これでベースのなる土台作りが出来ました。

 

白木と漆黒の違い

 

白木は下書き線が目立つと娘が言っていましたが、ボンドがはみ出しても目立ちません。

 

モカリーナは漆黒を作りましたが、下書きは鉛筆では見え辛くチャコペンを使いました。またボンドがはみ出すと目立ってしまうので、シッカリとつけられませんでした。

 

はみ出したボンドの処理

 

はみ出したボンドを取るのに、歯ブラシを使いました。編みこむ時に上下を間違えてボンドを貼ってしまいましたが、濡れ雑巾で取るとある程度は拭き取れました。


f:id:mocharina09:20190426091957j:image

 

ボンドは乾燥すると透明になるタイプとはいえ、少し目立ってしまいます。

ティッシュで拭き取ろうとすると、ティッシュまでくっ付いてしまったのでおススメしません(*´꒳`*)

 

組み方の違い

 

モカリーナは中心から縦に一本、横に一本と交互に組んでいきました。

縦横がズレないようにボンドを付けなくてはいけません。

 

f:id:mocharina09:20190426092001j:image

 

娘は一方を7本先に組みこみました。

真ん中をボンドを付けるのに少々塗りにくいようでしたが、片側が固定されているのでその点では楽なようでした。

 

いずれにしても交差したところ、7×7=49ヶ所を乾かしながらの作業は大変でした。

サクサク編めるって書いてあったけど、サクサクとはいかなかったです。

 

Point として書いたのですが、

後から気づいたのでモカリーナはしていませんが、編みこむ内に中心が分からなくなってきます。十字の真ん中にマスキングテープを貼っておくと、中心が分かりやすくて便利だと思いました。

 

土台作りの感想
 

ここまで作ってみて大変だったのは、ある程度乾かさないと次に進めないこと。ズレてしまうからです。

速乾性の強力ボンドを使っても、結構な時間がかかりました。そしてボンドの減り方がすごい。

 

娘は初めから時間がかかると思ってたみたい。

モカリーナは小さいから速くできるとか、見た目で勝手に判断してしまいます。

今回もまた憶測が外れてしまったようです。

 

では明日また、モチャー  イナ(*'▽'*)!

  

www.mocharina.com

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡

 

minne.com