mocharina*布あそび

3匹のモルモットと趣味のテニス、大好きなキルトや小物作りのあれこれを綴ったブログです。

実写映画「アラジン」を観て!

こんにちは、モカリーナです。

 

この記事は実写映画「アラジン」を観た感想です。

 

「アラジンと魔法のランプ」のお話は小さな時からおとぎ話として、ほとんどの人が知っていることと思います。

そのアラジンがディズニーの映画として世に出て大ヒットし、今回は実写映画となりました。

 

モカリーナはディズニー映画の中では「美女と野獣」と「アラジン」がお気に入りです。

夢があり歌や画像が美しく、ハッピーエンドな所が大好きです。

 

今回観に行った実写映画「アラジン」はアニメを上回るのかな?

上回る面白さがあればいいなと思いながら観ました。

 

冒頭に出てくるジーニー役のウィル・スミスから物語がはじまります。

はじめから面白い予感がしてワクワクしました(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

f:id:mocharina09:20190630175830j:image

 

 

実写映画「アラジン」

 

モカリーナはリムスキー=コルサコフのシェヘラザードという曲が好きです。

この曲は千夜一夜物語の語り手である、シェエラザードの物語をテーマにしています。

 

この千夜一夜物語の1つに「アラジン」の物語が出てきます。

この曲をきっかけにして、学生時代に千夜一夜物語の本を読みました。

 

千夜一夜物語

 

シャフリヤール王は不貞をした最初の王妃への怒りから、町の生娘と一夜を過ごしては次の日に殺害を繰り返していました。 

この惨殺をやめさせるためシェエラザード志願し、王様に毎夜命がけで物語を語ります。

 

毎夜面白い物語を語り、続きを聞きたがるような話を考えたシェエラザードの物語は千夜続き、その後正妻となりました。

 

この「アラジン」のお話もその千夜一夜物語のうちの1つです。

 

アラジンとジャスミン

 

この映画のポスター「アラジン」の文字の上にウィル・スミスの名前があります。

ウィル・スミス「アラジン」。

 

ジーニー役のウィル・スミスだけ目立っているのかな、有名でないアラジンとジャスミンはジニーに役に負けてしまっているのかなと心配でした。

 

観てみるとそんなことなかったです。

ジャスミンは見るたびに魅力的に美しく可愛らしく映り、アラジンも踊りが上手く演技も上手くよかったです。

 

ジーニー役のウィル・スミス

 

ウィル・スミスのランプの魔神ジーニーの演技はアニメの雰囲気を壊さすことなく、とてもユーモラスで楽しい雰囲気を作り上げていました。

 

青いウィル・スミスのジーニー、とても良かったです。

 

物語の流れ

 

実写版で観る町の様子はアニメよりも現実的に見えます。

ストーリーはアニメとは少し変えてありますが、流れは同じ。

むしろ流れは実写版の方がスムーズにさえ思えました。

 

アニメで不思議に思っていたことは、王宮にはお付きの人がほとんどいないこと。実写版ではたくさんいます。

そして衣装もカラフルで、アラビアの雰囲気が味わえました。

 

ラストにみんなで踊ったシーンは色とりどりでとても美しくて、ハッピーエンドがより嬉しい気分になりました。

 

まとめ

 

イオンシネマに行きました。

吹替版は5つに対して字幕は1つ。

字幕が見たかったのですが時間が合わず、吹替版で見ました。

吹替版には子供達がたくさん観に来ていて、みんな画面に釘付けになっていました。

 

f:id:mocharina09:20190630201530j:image

 

ジーニーの声でお馴染みの山寺宏一さんはとてもすごいですね。

聞き慣れた声だったので安心感がありました。

ジャスミンの声は吹替版は高い可愛い声だったのですが、ご本人の声は低かったですよ(*´꒳`*)

 

 

アニメのアラジンもとても良かったですが、実写版も同等以上の良さがありました。

アラビアの雰囲気が味わえ、アラビアの地に行ってみたくなりました。

 

ジーニー役のウィルスミスはもちろんのことですが、アラジンとジャスミンもとても良かったです。

 

はじまってすぐワクワクするほど面白く、最後までその期待は裏切られることなく、観てよかったと思いました。

 

では明日また、モチャー  イナ(*'▽'*)!

 

www.mocharina.com

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡

 

www.mocharina.com

 

mocharinaのお店です~♡

minne.com