mocharina*布あそび

3匹のモルモットと趣味のテニス、大好きなキルトや小物作りのあれこれを綴ったブログです。

9月の果物の包みボタンの作り方・「柿」の刺しゅう

こんにちは、モカリーナです。

 

この記事は9月の果物の包みボタン「柿」の作り方の紹介です。

 

秋の果物といえば柿の実が浮かびます。

皆さまは熟した柿とカリッと硬い柿どちらがお好みですか?

 

モカリーナは小さな頃は熟した柿が甘くて好きでしたが、今は硬い柿の方が好きです。

干し柿は食べるよりも作る方が楽しいです。

 

柿の枝は人の手が加えられないまま放って置かれると、実の重みで折れてしまうこともあるそうです。とても折れやすい木なんですよ(*´꒳`*)

 

今回のは秋の果物、柿の刺しゅうの包みボタンの作り方の紹介です。

 

サイズ:直径22mm

 

f:id:mocharina09:20190917174649j:image

 

 

9月の包みボタン「柿」

 

柿の木

 

カキノキ(柿の木)は、カキノキ科の1種の落葉樹である。東アジアの固有種で、特に長江流域に自生している。

(Wikipedia より引用)

 

  • 熟した果実は食用として
  • 幹は家具材として
  • 葉は茶の代わりとして加工され飲まれることがある。

 

果実はタンニンを多く含み、柿渋は防腐剤として用いられます。

 

柿はビタミンC、ビタミンA、カロテン、糖質に富んで栄養価の高い果物です。ただし干し柿に加工するとビタミンCはほとんど失われます。

 

材料

 

布・接着芯・包みボタン・包みボタン押し具・刺しゅう糸

 

f:id:mocharina09:20190917174826j:image

 

作り方

 

オレンジ色の刺しゅう糸で柿の実をストレートステッチで刺しゅうする。

 

f:id:mocharina09:20190917174839j:image

 

葉っぱは緑色で刺しゅうする。

先に葉っぱの枠を型取り、ストレートステッチで刺しゅう。

 

f:id:mocharina09:20190917174856j:image

 

茎の部分は草色の刺しゅう糸で、ジャーマンノットステッチ。

白でテカリ部分を付けました。

 

f:id:mocharina09:20190917174909j:image

 

これで柿の刺しゅうの完成です。

 

包みボタンに仕上げる

 

透明の器具に、布・包みボタンの順で入れる。

(刺しゅうをした布の裏には接着芯を貼っています。)


f:id:mocharina09:20190917174926j:image

 

布を内側に折り込んで、形を整える。

 

f:id:mocharina09:20190917174952j:image

 

表側を見て、柿の位置を確認します。

 

f:id:mocharina09:20190917175011j:image

 

足つきの包みボタンを、赤い押し具で押し込む。


f:id:mocharina09:20190917175001j:image

 

型から外せば、包みボタンの完成です!

 

f:id:mocharina09:20190917175144j:image

 

季節のボタン

 

12個の包みボタンが完成しました。

ご覧になりたい果物をクリックしてくださいね!

f:id:mocharina09:20190917175157j:image

 

 

まとめ

 

9月の果物の包みボタンに柿の刺しゅうをしました。

今回は柿の茎にジャーマンノットステッチをしました。

玉止めようなフレンチノットステッチの少し大きいバージョンです。

 

刺しゅうの練習をするために、1年を通して果物の刺しゅうの包みボタンを作成しました。

今回で果物の包みボタンは終了です。

 

いつも温かな言葉をありがとうこざいました。

出来の悪い作品もそのまま安心して載せることが出来たことを、

とても有り難く思い感謝しています。

 

また違う作品で刺しゅうを取り入れていきたいと思います。

 

では明日また、モチャー  イナ(*'▽'*)!

 

www.mocharina.com

 

www.mocharina.com

 

www.mocharina.com

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡

 

mocharinaのお店です~♡

minne.com