mocharina*布あそび

3匹のモルモットと趣味のテニス、大好きなキルトや小物作りのあれこれを綴ったブログです。

8月の果物の包みボタンの作り方・「桃」の刺しゅう

こんにちは、モカリーナです。

 

この記事は桃の包みボタンの作り方の記事です。

 

毎月作っている包みボタン、8月の題材に選んだのは桃です。

 

モカリーナは転勤族で岡山にも住んだことがあります。

桃の時期には美味しい桃やガリガリと実が硬いクズ桃をジュース用にお友達から頂いたりしました。また青空市に行くと、とても安く桃が手に入りました。

 

岡山を出ると桃はとても高価な物になり、とても貴重な果物に早変わり。岡山の桃は白桃でお上品な甘さです。

 

今回は大きくて甘いジューシーな桃を目指して刺しゅうしましたが、桃の丸い重量感が思うように表現出来ず何度も修正しました。

 

サイズ:直径22mm

 

f:id:mocharina09:20190821135239j:image

 

 

8月の包みボタン「桃」

 

 

モモはバラ科モモ属の落葉小高木。また、その果実のこと。

春には五弁または多重弁の花を咲かせ、夏には水分が多く甘い球形の果実を実らせる。中国原産。

食用・観賞用として世界各地で栽培されている。

(Wikipedia より引用)

 

全国1位の桃の名産地は山梨県、生産量の33%を占めています。

 

f:id:mocharina09:20190821134402j:image

 

岡山で知り合ったお友達から山梨県の桃を頂きました。

とても仲が良かったのですが、お互い違う所に転勤になりました。

 

完熟させて丸ごと一個ガブリと食べる桃は、とても贅沢ですよね(*´∀`*)

たくさんあるから、ガブリガブリ〜。

 

幸せなひとときです♡

大きくてとても甘くてジューシーな桃でした。

 

材料

 

布・接着芯・包みボタン・包みボタン押し具・刺しゅう糸

 

f:id:mocharina09:20190821140745j:image

 

作り方

 

ピンク色の刺しゅう糸で桃を刺しゅうする。


f:id:mocharina09:20190821140713j:image

 

桃の切れ込みを刺しゅうする。


f:id:mocharina09:20190821140729j:image

 

茎は茶色・葉っぱは緑色で刺しゅうする。


f:id:mocharina09:20190821140741j:image

 

これで桃の刺しゅうの完成です。

 

包みボタンに仕上げる

 

透明の器具に、布・包みボタンの順で入れる。

布を内側に折り込んで、形を整える。


f:id:mocharina09:20190821140718j:image

 

足つきの包みボタンを、赤い押し具で押し込む。


f:id:mocharina09:20190821140724j:image

 

型から外せば、包みボタンの完成です…が…。

丸くてふっくらしていない桃がどうしても気になります。

 

切れ込みを少し薄めのピンクにして、

形を丸く刺し直しました。

 

f:id:mocharina09:20190821141418j:image

 

これで完成です!

 

季節のボタン

 

これで11個の包みボタンが完成しました。

ご覧になりたい果物をクリックしてくださいね!

f:id:mocharina09:20190821141645j:image

 

 

www.mocharina.com

 

まとめ
 

桃の刺しゅうをするときに切り込み線の部分を空けて刺しゅうをしました。

空けずに刺しゅうをした方がキレイに出来ると思いました。

 

横に楕円形にした方がふっくら見えます。

重ねて修正しました。

少しは美味しそうになったでしょうか?

 

桃の食べ方で思い出しましたが、皮をキレイにむくには湯むきが有名ですよね。

主人Gさんが教えてくれたのは、全体的に皮をスプーンで擦ってペロリンとむく方法でした。

 

すぐに食べない時には実を擦るため変色するので不向きが、すぐ食べる時にはとても簡単でおススメです(≧∀≦)!

 

では明日また、モチャー  イナ(*'▽'*)!

 

www.mocharina.com

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

モカリーナより♡

 

mocharinaのお店です~♡

minne.com